にきびに関するよくある質問&誤解

Q

にきび治療の費用はいくらくらいでしょうか?

A

まず、にきび治療には保険診療と自費診療があります。どの程度の治療をご希望されるかは患者さんによって異なるため、当院では問診の際にきちんとお聞きするようにしています。なお、自費による治療は1回当たり1〜2万円程度で、さらにコース販売などは一切していませんので、好きな時に始めて、好きな時に終えることができます。

Q

にきびができやすい人は敏感肌なのでしょうか?

A

敏感肌とは化粧品などでかぶれやすいことを言います。にきびができやすいのとは全くの別物です。なお、にきびができた時に敏感肌だと勘違いし、マイルドな洗顔料を使ったりすると、余計に毛穴が詰まってにきびが酷くなりますので、きちんと脂を洗い流せる洗顔料を使用するようにしましょう。

Q

にきびになったら保湿には気を付けた方がいいのでしょうか?

A

大人のにきびの場合は、脂が多いことだけでなく、水分不足が原因になっていることもありますので、きちんと肌の水分補給をするようにしましょう。

Q

にきびはそのままそっとしておけばいつか治るのでしょうか?

A

にきびは1ヶ月以上放置しておくことで、凹みができてそのまま残ってしまうことがわかっています。きちんと皮膚科で治療を受けるようにしましょう。

Q

レーザーによる治療は痛くありませんか?

A

強い光を当てる際は、ゴムで弾かれたくらいの痛みを感じることはありますが、脱毛レーザーほどの痛みはありません。

Q

にきびは潰さない方が良いのでしょうか?

A

にきびを治すためには、潰して中の芯を取り除くことが必要な場合もあります。ただし、自分で潰すときちんと中の芯が抜けなかったり細菌に感染したりして、余計に赤く腫れてしまうことがあります。にきびの芯を除去することは大事ですが、きちんと病院で処置してもらうようにしましょう。

Q

にきびができるのは顔だけですか?

A

重傷の方は、胸元や背中にまで広がってしまうことがあります。当院では、もちろんそういった患者さんの治療も行っていますので、身体ににきびがある方もお気軽にご相談ください。

Q

便秘が原因でにきびができやすくなるって本当ですか?

A

代謝が悪くなったりストレスが溜まったりすることで、便秘にもにきびにもなることはありますが、便秘が原因でにきびができるわけではありません。

Q

内蔵の病気が原因でにきびができることはありますか?

A

にきびはあくまでも肌の病気ですので、そのような心配をする必要はありません。