にきびの治療法

にきびの治療について





にきびの治療には、「身体の内側のホルモンバランスを整える治療」と「肌に直接働きかけて症状を改善する治療」の2つに大きく分けられます。
さらに、それぞれに複数の治療法があり、患者さんの症状の程度や種類、そしてご希望に合わせてどのような治療をするのかを決めていきます。

また、一人の患者さんに対してずっと同じ治療を続けていくわけではなく、毎回きちんと診察をした上で、その時の症状に合った治療をご提案させていただくようにしています。

エステとの違い、美容外科との違い、他の皮膚科との違い

まず、エステは医療機関ではないため、使用できる治療器が限定されています。
にきび治療に対する効果が高い治療器は病院でないと扱えません。
また、当院は日本皮膚科学会による認定を受けている皮膚科専門医が、診察から実際の治療までをすべて行っています。

一見にきびに見えるものでも、実は違う皮膚の病気である可能性があります。
にきびの治療を受けたいと思った時は、にきびに関する専門治療を行っている、当院へご相談ください。

保険治療と自費治療

保険治療とは、厚生労働省が保険診療として認めている治療で、実施できる診療内容や使える機器などが限定されています。
にきび治療においては、できているにきびの炎症を抑えることはできますが、肌を元のきれいな状態にまで戻すことはできません。

また、具体的な治療法としてはにきびの芯を抜く面皰圧出処置や塗り薬の処方は可能ですが、レーザー治療などは実施できないことになっています。
当院では、自費治療をご希望される方には、ホルモンバランスを整える飲み薬や最先端のレーザー治療器など、あらゆる手段を用いて、その患者さんにとって最適な治療をご提案させていただきます。
他の医院でなかなか治らなかったという方も、諦めずに当院へご相談ください。

自費治療メニュー

これらをすべて行うわけではありません。患者さんのその日の肌の状態に合わせて、通常は1回当たり1種類の施術を実施します。

ケミカルピーリング

グリコール酸やサリチル酸など、酸性の液体を使うことで皮膚の角質をはがす治療です。
特に初期のにきびに対して実施することが多く、比較的安価であるというメリットがあります。
ただし、肌が乾燥しやすくなるため、元々強い乾燥肌の方には向かないこともあります。

シャイニングピール

最新のエルビウムヤグレーザーを使用して、表皮の上層部のみを剥離するレーザーピーリングです。
照射時の痛みがないため麻酔が不要で、ダウンタイムもほとんどないので気軽に治療を受けられます。
ケミカルピーリングのような刺激感もありませんので、大人にきびの方におすすめです。
毛穴の詰まり、面皰(コメド)、脂性肌の改善効果が実感できます。
月に1回の治療でいいので継続しやすい治療です。

アイソレイズ

従来はLEDやブルーライトを照射してアクネ菌を殺菌する治療が行われていましたが、皮膚の深いところまで届かないという欠点がありました。
アイソレイズは、皮膚を引っ張った状態で光を当てることで深部まで光を届かせるようになっており、アクネ菌を効果的に殺菌します。
さらに赤血球にも反応する波長も出しているため、赤みや炎症を抑える効果もあります。

まだまだ導入している医院は多くありませんが、特に治療効果が高く、アイソレイズによる治療を求めて遠方からご来院される患者さんもたくさんいらっしゃいます。

ロングパルスヤグレーザー

血管のヘモグロビンに反応する光を出すことで、にきびの赤みや毛細血管拡張を抑えます。
赤ら顔にも効果があります。
また続けて治療を行うことで、真皮のコラーゲンが増加するため、はだのはり、きめが整います。

抗アンドロゲン療法

大人のにきびは男性ホルモン(アンドロゲン)の働きが強くなることが大きな原因の一つです。
そのため、内服薬によって男性ホルモンの働きを抑え、にきびを改善していきます。
また、生理不順があるなど元々ホルモンバランスが崩れやすい方の場合は、低用量ピルを併用していただくこともあります。

フラクショナルレーザー

レーザーを使って皮膚に小さな穴を開けて、再生させる治療です。
これを繰り返すことで少しずつ新しい肌に変わっていき、最終的にはなめらかな肌になることを目指します。

インフィニ・マイクロニードルRF

極細の針で皮膚に小さな穴を開けて、針の先端から高周波(RF)を照射し、真皮の深層から肌を再生させる治療です。
これを繰り返すことで肌が滑らかになり、凸凹も徐々に浅くなっていきます。